生理不順の原因|生理不順の原因や理由、月経不順対策について記しています。

子宮内膜症が原因で生理不順になることがある?

子宮内膜症が原因で生理不順になることがあります。

子宮内膜症といえば、女性であれば一度は耳にしたことがある病気の名前だと思います。

子宮内膜症ってどんな病気なのか?

子宮内膜の組織が、卵巣や卵管、腸管などに発生してしまう病気のことです。

そして、出血や痛みが伴います。

子宮内膜症になると、卵巣の機能が低下してしまいます。

それにより、生理不順になったり、不妊になることがあるのです。

子宮内膜症は、20代から40代に多い病気です。

子宮内膜症の治療方法は、症状などによってさまざま。

低用量ピルを用いたり、鎮痛剤を用いたり。

また、手術を行うこともあります。

生理不順で、生理痛がひどい方は、子宮内膜症の恐れがあるので、一度婦人科に受診することをおすすめします。

精神的なストレスが生理不順の原因になることがある?

精神的なストレスが生理不順の原因になることがあります。

そもそも生理は女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが関係しています。

そしてこの女性ホルモンというのは、脳の視床下部がコントロールしているのです。

この脳の視床下部という部分は、ストレスを強く受けてしまう部分なんです。

ストレスを強く受けることにより、体が危険と察知し、女性ホルモンのバランスを乱してしまいます。

それが生理不順へと繋がってしまうのです。

ストレスって、いろんな場面で感じるものです。

仕事や人間付き合い、環境の変化など。

いろんな場面でストレスを感じ、それがいつの間にか溜まっていることもあります。

女性ホルモンは、少しのストレスであっても乱れてしまう、とても繊細なものなんです。

ストレスを感じないように心がけても、それは無理なことです。

だからストレスを少しでも感じたら、すぐに発散するようにしましょう。

知らないうちにストレスを感じてしまっていることもあるので、毎日少しの時間でもいいのでリラックスしたり、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

生理不順の対策はどんなものがある?

生理不順の対策はどんなものがあるか紹介します。

・ストレスを溜めない
・食生活の見直し
・睡眠


ストレスも食生活も睡眠も、生理不順の原因なんです。

ストレスを感じることで、女性ホルモンのバランスは乱れてしまいます。

そして生理不順になってしまうのです。

ストレスってついつい溜めてしまう人がいますが、それは生理不順の原因にもなりますし、体調が悪くなる原因にもなります。

ストレスを極力溜めこまないように心がけましょう。

そして食生活の見直しですが、きちんと3食食べていますか?

忙しくて食事を抜いている人もいると思います。

それはよくありません。

また、いろんな食材、いろんな栄養素をしっかりと摂る必要があります。

それにあまりお酒を飲みすぎないように気を付けましょう。

そして睡眠はとても大切です。

しっかりと睡眠をとることで、女性ホルモンの分泌が活発になり、ホルモンバランスが整います。

生理不順の方は、こういったことを見直して、生理不順の対策をするようにしましょう。

生理不順の原因 生理不順の原因 生理不順の原因

Copyright (C) 2015 生理不順の原因や理由@月経不順対策 All Rights Reserved.